« 略奪婚と密通 | トップページ | 婚外恋愛の対象 »

2012年6月19日 (火)

結婚と恋愛

 恋愛と結婚は別物だと、よく言われます。しかし、恋愛結婚という言葉の通り、恋愛の延長上で結婚する人が多いのは事実。また、結婚を前提に恋愛をしてくれと申し込むケースも割によく見ます。
 
 本当の意味で、恋愛と結婚は別物であるなら、結婚によって「恋愛する権利」が失われるのは変です。その意味で、両者は完全に独立した関係とはいえない訳です。
 
 未婚のうちは、誰と恋愛しても自由。しかし、その相手が既婚者だと関係は不倫と認識されます。その事実が発覚すれば、慰謝料や信用の失墜といった形で社会的制裁を受けます。
 
 結婚することで、人は恋愛する権利を失います。そして、相手が結婚することで、その人に対して恋愛する権利を失います。つまり、結婚は恋愛を規制するのです。
 
 法律に沿って考えるなら、失うのは「恋愛する権利」ではなく、「結婚相手以外/他人と結婚している相手と、性的関係を持つ権利」ですね。セックスを伴わない恋愛は、不貞行為にはならないので。
 
 わかりきった話ですが、心から納得した上でなくては、結婚などするものではありません。そして、この人しかいないとその時は思えても、後悔しないとは限りません。そこが、人生の難しいところです。

« 略奪婚と密通 | トップページ | 婚外恋愛の対象 »

結婚」カテゴリの記事

お願い

  • お願いとご注意

     この「官能愛と人妻不倫」は、私自身の恋愛に関する経験を元にしたコラムです。他の方にそのまま当てはまるか、わかりません。その点を予めご理解ください。

     掲載されている情報を、閲覧することで生じたすべての問題・損失・損害等について、当ブログは一切責任を負えません。自己責任においてお読みいただきますよう、お願いいたします。

ブログランキング

  • ブログランキング
    FC2ブログランキング 駄文同盟 ブログランキング
無料ブログはココログ

著作権表示