« 婚外恋愛の対象 | トップページ | 夫婦間の事には触れない »

2012年10月11日 (木)

みだりにセックスを求めない

 辞書に寄れば「みだりに」は「分別なく行うさま」とあり、「見境なく誰にでも」という意味や「場や相手をわきまえずに」といったニュアンスも含まれています。

 つまり、ふた言めには「ホテル行こうよ」「セックスしよっか」「ヤリたくなったでしょ?」という発言をすることが、みだりにセックスを求める行為です。それを自分だけでなく、他の女性にも言っているのが知れればダメ押しですね。

 では、女性はどうして体目当ての男を嫌うか。その理由は第一に、体が目的=女なら誰でもいいと考えている男のものになるのは、女としてのプライドが傷つくから。

 第二に、そういう言葉を軽々しく口にする男の多くは責任感が薄く、何度かセックスして体に飽きたら、捨てられる可能性が高いからでしょう。

 そして第三に、そういう男性に体を許すことは、セックスしたことを言いふらされ、尻軽な女という評判が立ってしまう危険があるというのも、理由の一つだと思われます。

 ただ、現在の夫と離婚する気のない不倫だと、パートナーに本気になられても困るため、割と軽めの男が好まれることはあります。また、関係を秘密にしないと男性の側も困るため、三番目はほとんどないかもしれません。

 その意味では、未婚者同士の恋愛に比べて、積極的に体を求めてもいいでしょう。しかし、女性は常に恋をしたい訳ですから、それが「体だけ」だと受け取られると、その先にはたいてい別れが待っています。

« 婚外恋愛の対象 | トップページ | 夫婦間の事には触れない »

お願い

  • お願いとご注意

     この「官能愛と人妻不倫」は、私自身の恋愛に関する経験を元にしたコラムです。他の方にそのまま当てはまるか、わかりません。その点を予めご理解ください。

     掲載されている情報を、閲覧することで生じたすべての問題・損失・損害等について、当ブログは一切責任を負えません。自己責任においてお読みいただきますよう、お願いいたします。

ブログランキング

  • ブログランキング
    FC2ブログランキング 駄文同盟 ブログランキング
無料ブログはココログ

著作権表示